トレーナーの首周り・袖口の漂白

トレーナーの首周り・袖口の漂白

首周り(襟)や袖口は汚れやすいところですね。

どうしても肌に直接触れるところですので、皮脂の汚れが付着します。

当社にはオプションコースとして

「えり・そでしっかりコース」というのがございます。

そのコースで落ちきらなかった汚れは酸化していて通常の前処理では落とせないので漂白するということになります。

よくある質問があります。

「その見分け方は?どっちで出したらいいの?」です。

お手入れする前に見分けるのは確かに難しい面もあります。

無責任な言い方になるかもしれませんが・・・「やってみないとわからない」というのが適切かもしれません。

それでも目安として言えるのは・・・

黒く(グレー)なっていたら「えり・そでしっかりコース」で。

黄色くなっていたら「漂白」で。

時間経過がひとつの目安にもなります。

やはり時間が経つと汚れが酸化して黄変しますのでその場合は漂白しないとということになりますね。

さて、今回依頼の白のトレーナー。

実に微妙な汚れ具合です^^;

「えり・そでしっかりコース」でお預かりしていますが、ほんと絶妙な汚れなのでちょっとサービスで漂白まで施しての流れを見ていきましょう!

先ほど書いた判別方法では・・・黒っぽい汚れが目立ちます。

でも、袖口の内側には黄色っぽい汚れもあります。

どっちにしてもまず、皮脂の汚れを取ってからの作業になります。

皮脂の分解能力に優れた前処理剤を噴霧します。

この作業をするときはゴム手袋をします。

でないと、自分の手の脂分も取れてしまうので手がガサガサになっちゃうんです^^;

その後、しばらく放置してから超音波のガンで濯いでみます。

この処理までが「えり・そでしっかりコース」での工程になります。

かなり綺麗になりました。

これでもこのコースであれば十分ご納得はしていただけると思いますが、

今回は少し踏み込んで”漂白”までやってみましょう。

漂白にはこのヨーグルトのようなものを使います。

酸素系の漂白剤なので安心・安全です。

これをえりと袖口に塗っていきます。

ペースト状なので液だれしないので助かります。

内側までしっかり。

そのあと、塗った部分を内側にたたんでしばらく置いておきます。

今回は真っ白で綿・ポリエステル混紡トレーナーですので3時間置いておきました。

3時間後、通常の洗いの工程に入ります。

そして・・・

写真が難しいですね^^;写真で見るよりかなり綺麗になってます。

比較してみると

洗って乾かした状態です。

仕上げプレスをするとさらによくなります!

写真の撮り方が難しいですね。

この写真で見るよりかなり良くなっています。

全体的にうっすら黄ばんでいたのもすっきりくっきりしています。


ーーーーデリバリークリーニング・リキハートーーーー

必要な時にお伺い、必要な時に届け!
安心・便利な宅配クリーニング!

リキハートのクリーンデリバリーのご依頼は・・・

携帯・スマホからも通話料金無料のフリーダイヤル

0120-129-940

QRコードを読み込んで集荷依頼がOK!画像

This image has an empty alt attribute; its file name is cc2b001275e5b0a4e9ffbe46a0ed67a6.png

デリバリーのご用命・お問い合わせはお気軽に

フリーダイヤル 0120-129-940

電話受付 : AM9:00~PM8:00