ジャケットのラペルエッジ

ジャケットのラペルエッジ

ご新規でお預かりしたメンズのスーツ・ジャケット。

ラペルがビシっ!!

???!?(・_・;????

( ̄□ ̄;)

これ、洗う前です。

わかりにくいですかね?

ラペルのエッジがタブついてるのをそのままプレスしてありますヾ(。>﹏<。)ノ

あきらかに、プレス機で押さえつけています。

なので、ラペル自体はビシっとなってるのですが・・・最悪ですよね(//∇//)

ジャケットのラペルは面白くて、上襟から下襟におりていってそこまでは表地でボタン(ボタンホール)のところから、折り返しで裏地になるんですよね。

今回のジャケット、前に出されたクリーニング店がプレスをする際にラペルがヨレ〜〜ってなってたんでプレス機でガシャーンとあてた結果だと思います。

この場合、着用中にタブついた生地を内側に入れながらプレスしないとこういう残念な仕上がりになります。

こういった作業はプレス機ではできません。

左手で生地を手前方向に寄せながらハンドアイロンで内側にいせ込んでいきます。

いせ込むことにより、ラペルが見頃に添うようになり、ジャケットの顔である上襟(ラペル)が男前に仕上がります。

これをみて分かるように胸ポケットのところにも”アタリ”が出ています。

プレスすると出ちゃうんですが、あとできちんと消さないと。。。

当社では来月も紳士服プレスの講習を受けます!

まだまだ、当社も勉強中。

次回は袖周りを中心に教えていただこうと思っています。

デリバリーのご用命・お問い合わせはお気軽に

フリーダイヤル 0120-129-940

電話受付 : AM9:00~PM8:00